カテゴリー  夢志の巣塾 広島の引越し、家具の移動のことならネスト

上級社員研修『夢志の巣塾』第二期 リーダー研修3回目

夢志の巣塾第二期 「第三講義」
夢志の巣塾は、これからのネストを担う、上級社員向けの研修です。
この研修は昨年度から始まり、現在2期生がマネジメントを中心に、講師の盛矢先生から学んでいます。

 

 

今回のテーマは「リーダーの責任と役割を知り自己を高める」です。
2分間スピーチ
このスピーチでは、決められた2分間の中で話の構成を考えまとめて、みんなの前で発表する練習を目的に行っています。

今回のテーマは(向上心を持つために、私は何をするのか)でした。

 

第二講義の「組織で働くことの役割を意識する」で学んだ事を実践する時に、どのような目的を持って、何をやったのかを、ホワイトボードに書き出し、メンバーと共有しました。

「コミュニケーションをとるために、しっかり話す時間を作ることで、以前は言ってくれなかったことを言ってくれるようになった。」

「自分のテンションを上げて、社内を明るくしたいので、みんなで大きな声であいさつをすることで、社内が明るくなった。」
という意見がでました。

大事なのは気持ちをしっかり出して、感動と喜びを抱くことで、うまくいったことを継続し習慣にすることが大切だと講師の先生に教えていただきました。

 

 

 

正しい動機づけの行い方

人が辞める原因について、学びました。
動機づけの満足要因に(達成感・承認・評価)があること、不満要因に、(給料・人間関係)があることを教わりました。しかし不満要因が満たされても動機づけにならないと学びました。

動機づけには2種類あって、肯定的ストロークと否定的ストロークがあることを学び、実際に肯定的なストロークを出す練習とストロークを受け取る練習をペアでしました。
3つのシップと協同

メンバーシップ・リーダーシップ・フォロアーシップについて学びました。
上司に対するフォロアーシップと部下に対するリーダーシップについて学び、より具体的に上司の右腕になれるようなフォロアーシップを学びました。

また部下に対しても、SL理論について学び、知識・技術的なコミュニケーションと精神的なコミュニケーションが、まったく違うものであると学びました。

 

今回の研修の気づきと学んだ事

「フォロアーシップを今後やって自分の上司に貢献していかなければならない」

「自分の部下にたいして、スキルや能力ではなくその時の気持ちを考えてコミュニケーションをとる」

「上司からの支持を、部下にかみ砕いて伝える」

「発信する側と受ける側では違うので、相手の目線で指示をしなければならない」」

「相手が言われたら嬉しいことをいう」

「一言声をかけるだけで相手の気持ちやモチベーションが上がるので、周りのモチベーションを上げたい」

という意見が出ました。

今回の研修を通じて、上司に対するコミュニケーションと部下に対するコミュニケーションについて学び、相手を認めることが大切だと学びました。

上級社員研修『夢志の巣塾』第二期 リーダー研修2回目

今回のテーマは、「組織で働くことの責任と役割を意識する」です。

 

 

キャリアとは?

研修の最初は「キャリアとは何か」を考えることから始まり、私たちが考えるキャリアをホワイトボードに書き出し、メンバーと共有しました。
 

・資格がある
・能力が高い
・高学歴
・キャリアアップ
などといった、いわゆる仕事をバリバリこなすキャリアウーマンをイメージさせる言葉が出てきました。しかし我々の理解(イメージ)は間違っており、本来キャリアとは「能力・役割関係なく一人一人違った仕事人であること」であり、働くこと全てがキャリアなのです。

現在の会社(組織)での仕事・役割は?

自分たちの役割について考えるために会社との関係と、それぞれの職務を考えました。

 

 

会社紹介

会社紹介では、我々はネストがどのようなサービスをお客様に提供している会社なのか正しく理解しているか?ネストのお客様・社員に込める思いとは何か?などといった、ネストという会社の理解を深めるために行いました。
「創業者がどのような思いで、どんなサービスを提供しており、そのサービスをすることで社会にどのように貢献しているか」を社長の人柄や自分の所属・役割を各自プレゼンしました。プレゼンは、ネストを全く知らないお客様にネストを理解してもらうということを意識して行いました。

社長紹介の場面では、社長の人柄が分かるように社長とのエピソードを交えて説明をし、どのグループの発表も個性的で、中には初めて知る社長とのエピソードがあり大盛り上がりでした。

 

 

部下・上司に期待すること

部下の期待、上司の期待を考えました。
例えば、部下に対して「感情的にならず理論的に接してほしい、同僚や社員にはあたりのきつい言葉遣いでなく、優しい言葉遣いを心がけてほしい」という期待を抱くとします。しかし、部下に対して「お前の話方を聞いているとイライラする!もっと優しい言葉遣いをしろ!」と言っていた場合、これは相反する上司の部下に対する態度だといえます。
その様な期待と現実の相違が起きない様に、部下に期待するものを上司である自分がまずは実行できているかを見つめ直しました。

 

 

「組織で働くことの責任と役割を意識する」が今回のテーマでした。
わかっている・知っているようでまだまだ知らないネストのこと、自分自身のこと。
特に最後の相手に期待することを考えるワークでは、相手に期待していることは多いが、その大半は自分自身ができていない、というもの多くありました。相手には「○○になってほしいな」と期待するものの、肝心な上司である自分自身ができていないのであれば、それはまずは自分がやること!知ること!変わること!!を学びました。

 

上級社員研修『夢志の巣塾』第二期スタート

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」の第二期がスタート。

2016年から始まったこの塾は、「部分」を「全体」の成果につなげる 「マネジメントスキル」をつけていくことを目的とした研修プログラムです。目の前の現場レベルだけでなく、全社的で長期的な視点に立った考え方と、実行/運営する能力を養成していきます。

 二期生は、第一期生からの推薦から選ばれました。今後を担う「自分の右腕」や「所長やマネージャー候補」が今年も1年間研修を受けていきます。

 

 

 

 

 まずは、キックオフ。昨年に引き続き広島国際学院大学 教授の竹元雅彦先生に、「戦略思考とマネジメントサイクル」をテーマに基調講演頂きました。

 二期生にとっては、今まで聞いたことのない専門用語や考え方が多かったですが、一期生は1年間通じて研修で「リーダーとは?」「マネジメントとは?」「組織とは?」と何度問いかけ、体得している言葉ばかりでしたので、1年間の振り返りにもなりました。

 

 

キックオフのあとの懇親会では、各テーブルで今年の抱負や昨年の研修の振り返りをしました。

一期生からも激励の言葉をもらいました。

 

 

 

 

翌日は、さっそく1回目のリーダー研修でした。一期生から「講師は怖い・・・」と前評判を聞き、緊張した雰囲気からのスタートでしたが、「組織について対話」をしていく中で、最後は自然と笑顔で終わった研修でした。

 今年のリーダー研修も講師は、盛矢澄香先生です。

 

 

 

 

 

上級社員研修『夢志の巣塾』~成果発表会~

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」の成果発表会。

発表のテーマは「目指すリーダー像」です。 

 

現状の自分や組織を分析して、今までリーダー研修の中で学び出来たことを、どのように具体的に活かしていくのかを発表していきました。実際の職場のエピソードを入れながら、これからを担うネストのリーダーとして、発表と宣言を行ないました。

 

 

 

 

 

上級社員研修『夢志の巣塾』~リーダー研修5~

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」のリーダー研修5回目が行われました。

今回のテーマは「リーダーのための問題発⾒・解決法」です。 

事例や実際の社内の問題点を「ブレークスルー法」を使って、ロジック(論理的思考)的に考える研修です。「理想と目標」と「現状の問題点」を比較して、なにが「原因」でどのように「解決」するのか、要素を分けて、考える手法です。「直ぐに解決する対応策を打つのでなく、原因から考える」流れを体感しました。

 日々の業務では、どうしても起きている現象に対して、直ぐに対応してしまう癖があります。本当の原因を解決しないと、穴の空いたバケツに水を入れている状態!!
リーダーとして、論理的に問題を追求して解決している思考を体感する事ができました。

 また、これまでの夢志の巣塾の研修の振返りを「ワールドカフェスタイル」で話し合いました。

次回は、いよいよ最終発表会。宿題は15分間のプレゼン。これから繁忙期に入るネストですが、研修も頑張ります、

 

 

 

 

 

 

 

 

上級社員研修『夢志の巣塾』~リーダー研修4~

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」のリーダー研修4回目が行われました。

今回のテーマは「リーダーの人間力~メンタルタフネスとエモーションナルマネジメント~」です。 

一つの目的を達成するために、「リーダとして必要なコト」、またリーダー以外の「フォローアー」がどのように関わるべき、様々ワークを通じて体感的に研修を行いました。また、リーダーの言動から、メンバーのモチベーションにどのように作用するのかを話し合い、今後業務で活かせることをまとめていきました。

 また、今回は「ソーシャルスタイル」というコミュニケーションのタイプから、職場の人間関係をよくするコミュニケーションを検討していきました。 客観的な分析結果から、本当の自分を知ることができ、「自分が思っている自分」と「他者が見る自分」に、差があることに気が付きました。

夢志の巣塾は、回を増すごとに「表情」が豊かになり、「考え方」に深みが出てきました。

 

 

社員研修 講師説明 盛矢先生

発表練習 発表練習2

グループディスカッション 研修

上級社員研修『夢志の巣塾』~リーダー研修3~

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」のリーダー研修3回目が行われました。

今回のテーマは「ビジネスコミュニケーション~巻き込み力と支援力~」です。

まず、部下にわかりやすく言葉の意味を伝えているのか、「モラル、挨拶、返事、後始末」について、普段あたりまえに使っている言葉ですが改めて、わかりやすい言葉に替えて話し合いをしていきました。
「人間力」という言葉についても、イメージや反対の言葉などを話し合い、いつもとても便利に都合よく使っていることに気が付きました。本当に部下に伝えたいことを「丁寧に」、相手に伝わるまで・・・
相手に伝わるとは「相手が話の内容を描けること」そこまで具体的に説明/指示できているか、考えさせられる研修でした。

コミュニケーションは、全体の中の一部を言われてもわからない。
どの視点で話をしているか? どのように伝えるのか?
また、情報に過不足はないか? でも必要な情報だけ。全部言う必要はないが、余分に自分の興味だけで伝えてはいけない。

そんな「リーダーとしてのコミュニケーション」について、研修を深めていきました。

上級社員研修 上級社員研修

上級社員研修 上級社員研修

上級社員研修 上級社員研修

上級社員研修 上級社員研修

上級社員研修 上級社員研修

上級社員研修 上級社員研修

上級社員研修『夢志の巣塾』~リーダー研修2~

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」のリーダー研修2回目が行われました。

今回のテーマは「リーダーの役割と責任」です。

前回から引き継き、リーダーとして「持論化」できているか?を話し合い文字にしていきました。
ネストの理念やネスト訓を、どれだけ上級社員でイメージが統一できているか、時間をかけて議論しました。

 そして今回は、リーダーシップとは何か?そしてリーダーシップだけでないフォロアーシップやメンバーシップについて、どのように相手(上司・同僚・部下)との関係を構築していくのかを体系的に学び、具体的な関わり方や評価の考え方も学びました。

何を大事に部下を見て評価していくのか?

議論も学びもどんどん深まっていきます。

 

SONY DSC 上級社員研修1

上級社員研修2 上級社員研修3

上級社員研修4 社員研修1

社員研修2 社員研修

上級社員研修『夢志の巣塾』~リーダー研修1~

これからのネストを担う、上級社員向けの研修「夢志の巣塾(むしのすじゅく)」のセカンドステージが始まりました。

6月にキックオフされてから事業計画を個別に策定して参りました。「絵に描いた餅」を作ることをまずは進めてきました。そしてセカンドステージでは「絵に描いた餅を食べられるようにする」ために、「リーダー」という視点から研修を行っていきます。

リーダー セカンドステージの講師は、
株式会社CUA 代表取締役 盛矢澄香先生です。
2日間かけて、「個と組織のアイデンティティを明確にする」ことをテーマに進めていきました。また、夜の懇親会では「ネストのリーダーとは何かか?」テーマに、受講した上級社員が目指すイメージを共有しました。

 

 

 

 

〈受講者の感想を一部を紹介〉

 自分のコトと組織のコトを時間をかけて考える、そんな研修でした。今までを振り返ると、業務に追われ「どうするか」のことばかり進めていき、自分がネストという「組織の中」と「社会の中」でのネストの一員として、「どう在るべきか」を、ゆっくり考えたことがなかった。リーダーとしての姿勢や心構えをこれからも考える癖がついた。

夢志の巣塾 夢志の巣塾

夢志の巣塾 夢志の巣塾

盛矢澄香先生 夢志の巣塾

夢志の巣塾 夢志の巣塾

夢志の巣塾 夢志の巣塾

夢志の巣塾 夢志の巣塾

夢志の巣塾 夢志の巣塾

夢志の巣塾 夢志の巣塾

夢志の巣塾社長も後ろでこっそり研修を体験中。

この研修は毎月開催されます。
つづく・・・

1回目開催!! 上級社員研修『夢志の巣塾』~経営理念研修~

上級社員向けの研修『夢志の巣塾』1回目を開催しました。

有限会社パートナーの越智 健剛氏を講師として招いて、「経営理念研修」を実施しました。

冒頭に「商売とは何か?」を受講した上級社員と討論をし、
『人の困っていることを解決する。そしてその対価として代価を得る。』と、全員で共有しました。

ネストにとって「人の困っていることを解決する」とは何かを、経営理念を読み解きながら勉強していきました。

今後の予定は、「あるべき姿=基準」をイメージしながら、「現状」との「ギャップ(問題)」を抽出していくことを、
今後のカリキュラムとしております。

 

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

1 / 212
ページ先頭へ
  • *
  • *
  • *
*

広島本社以外は認証範囲外

*

川崎営業所、茨城営業所、大阪営業所、熊本営業所は認証範囲外

一般事業主行動計画における(目標 期間:平成29年3月〜平成32年2月28日まで)「育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備」(対策期間:平成29年3月〜平成32年2月28日まで)として「育児休業に関する規定の整備、労働者の育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項(期間:平成29年4月〜)」ついて周知しております。

Copyright (c) ネストグループ All Rights Reserved.