上級社員研修『夢志の巣塾』第三期 2回目リーダー研修 広島の引越し、家具の移動のことならネスト

上級社員研修『夢志の巣塾』第三期 2回目リーダー研修

インターンシップに来ている大学生が、上級社員研修を見学してまとめたレポートです。

本日は「夢志の巣塾 第3期生研修第2回 」に参加しました。

 今回は自分自身を振り返り長所や短所を棚卸しする「自己理解」がテーマでした。仕事を行い生活していく上で、会社に対して不満を抱えて一方的に会社を悪と決めつけている場合があるが、会社は雇用や賃金の保証をし自身を支えていることを理解しなくてはならないと講師の盛矢先生はおっしゃっていました。 

 自分と会社がwin-winの関係を作ることが理想であり、決して会社が自分をないがしろにしているわけではなく、自分自身が会社で仕事をしていくうえでアイデンティティを構築できていないから、自分だけが不利益を被り会社は自分に尽くしていないように感じるのであると盛矢先生はおっしゃっておられました。 

 

 会社は賃金や雇用・職場等の保証をしています。その会社で働く自分自身も組織に貢献しなくては、会社と自分との間にwin-winな関係は作れません。そのためにはまず、自分自身を理解することが大切です。一人一人が自分の個性を理解し、リーダーはそれぞれの能力を補完しあうことで組織として成長できるそうです。組織の中でお互いの一致点をみつけ、より良い関係や目標・手段を模索していくことで全体が成長できるとおっしゃっておられました。

  今回の「夢志の巣塾 第3期生研修第2回 」に参加して、会社は何を求めているのかということを理解し、自分自身は何ができるのかということを理解していかなければならないことを学びました。自己理解をすれば、自分自身をコントロールすることができるようになり、対人関係もうまくやっていくことができるようになるそうです。自分を理解するということは、会社の中だけではなく多くの場面で必要とされることの一つだと思います。常日頃から、自身について分析し自分の個性やアイデンティティを見つけていけられたら良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

ページ先頭へ
  • *
  • *
  • *
* *

広島本社以外は認証範囲外

*

川崎営業所、茨城営業所、大阪営業所、熊本営業所は認証範囲外

一般事業主行動計画における(目標 期間:平成29年3月〜平成32年2月28日まで)「育児休業を取得しやすく、職場復帰しやすい環境の整備」(対策期間:平成29年3月〜平成32年2月28日まで)として「育児休業に関する規定の整備、労働者の育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項(期間:平成29年4月〜)」ついて周知しております。

Copyright (c) ネストグループ All Rights Reserved.